実際の体験談をご紹介

借金地獄から救ってくれた!無料相談サービス(男性/50代)

男性/50代

過去を振り返っても、借金返済に苦しんでいた時の状況は今でも鮮明に覚えています。

私は50代を迎えた男性で、普段は公務員として働いています。
仕事では管理職を任され、毎日難しい決断を迫られることが多いです。

その仕事でのストレスを解消するために、ついついお酒を飲み過ぎてしまうという悪い癖があります。

大変な仕事が終わった後は決まってスナックなどに行き、多くのお金を使ってしまいます。
そして、やがて消費者金融からお金を借りるまでになってしまったのです。

膨れ上がった借金は合計で400万円近くにもなり、返せない状況になりました。

そんな時に助けてくれたのが、街角相談所-法律-の無料相談サービスでした。
とにかく無料というのがありがたいと思いました。

「無料だと、何もしてくれないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、
決してそのようなことはありません。親身になって、相談に乗ってくれます。

現に私は無料相談サービスを受けたことで、借金地獄から徐々に立ち直ることに成功し、
完済に向けての道筋を見つけることができました。

もし、借金に悩んでいる人がいましたら、ぜひとも無料相談サービスを受けることをオススメします。

誰にも相談せず、自らの殻に閉じこもってしまうことこそ避けるべきです。
着手金や相談料を請求されることもないので、気軽に相談できますよ。

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれくらい借金が減額されるかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので便利

その他の体験談

借金が返せない時は債務整理を

多重債務になって、借金が返せない状態になってしまう人は少なくありません。

ただ、返済しないと遅延損害金が発生するだけでなく、一括返済を迫られるなど状況は悪化していくばかりです。
借金の返済が難しい状況になったら、放置するのではなく債務整理することがオススメです。

こちらでは、借金の悩みを解決する債務整理の特徴を説明します。

債務整理という選択肢

債務整理とは、借金問題を解決するための法的な手続きのことです。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などの種類があり、選ぶ手続きによって減額される借金の額などが変わります。
そんな債務整理を行うタイミングは、これ以上借金が返せない状態になった時です。

借入額や利用期間などは問われないため、このままでは生活していくことができないと感じたら、
その時点で債務整理の手続きをを始めておくことが大切です。

債務整理を行って借金問題を軽減すれば、落ち着いて生活を立て直していくことができます。

払い過ぎた利息がある場合は過払い金請求を

長期に渡って借入をしてきた人は、まず過払い金返還請求から始めてみましょう。

グレーゾーン金利が適用されていた頃に借金をしていた人の場合、過払い金が発生している可能性があります。
支払い過ぎた利息は、返還請求をすることで取り戻すことが可能です。

当時の資料などがなくても過払い金の有無を確認し、返還請求をすることができます。

借入期間が長い人の場合、100万円以上の過払い金が発生していることもあります。

そのため、利用期間が長い人やグレーゾーン金利が適用されていた頃に借金をしていた人は、
過払い金の有無を確認しておいて損はありません。

ただ、過払い金請求を行っても債務が残る場合は、事故情報として信用情報に記載されます。

戻ってきた利息で借金を完済できる場合、そして過去に完済した借金に対して、
過払い金請求を行う場合は信用情報に影響はありません。

返済しやすい状態に変える任意整理

任意整理は借金の情報を見直し、少しでも返済しやすい状態を作っていくための手続きです。

過払い金返還請求も任意整理のひとつで、支払い過ぎた利息だけで完済をすることができれば、そこで手続きは完了です。

完済できない場合は、完済を条件にこれから先の利息をカットできないか、
月々の返済額を減らすことはできないかなど業者と直接交渉を行っていきます。

利息カットや毎月の負担の軽減が認められれば、借金の悩みは大幅に緩和します

手続きを行えば、信用情報に記載されることになりますが、
返済をしていく気持ちがあるのであれば、任意整理を考えてみると良いでしょう。

借金を大幅にカットする個人再生

個人再生を行えば、借金を大幅に減額できる可能性があります。

ただ、100万円以上の借金があること、3年から5年で減額された借金を完済できるだけの、
安定した収入があることが手続きを行う条件となります。

これらの条件に当てはまらない場合は、手続きを行うことができません。

減額される金額は借入金によって異なります。

100万円以上500万円未満の場合は一律100万円に、500万円以上1500万円未満は1/5にあたる金額までなど、
借入金が多いほど大幅減額となることが特徴の手続きです。

最大で1/10まで借金が減額されますが、手続きは簡単ではありません。

実際に返済能力があるかを確認する手続きなどが入るため、結果が出るまで時間がかかります。
さらに、減額が認められたとしても、途中で返済が滞れば減額は取り消され、一括返済を求められます。

そのため、個人再生を行う時には完済するという強い意思を持っておくことが大切です。

個人再生のメリットとなるのが、借金の内容は問われないことです。
借金をした目的が問われないため、ギャンブルや浪費による借入も減額の対象となります。

借金の返済義務がなくなる自己破産にはデメリットも

自己破産を行い、免責が認められれば借金の返済義務がなくなります。

ただ、ギャンブルや浪費によってできた借金は認められない可能性が高くなるので、注意が必要です。

また、借金の悩みから完全に解放されたいと考えた場合に有効な自己破産ですが、
デメリットも多い方法として知られています。

例えば、持ち家などの財産を所有している場合は手放し、借金の返済に充てる必要があります。

手元に残すことができる現金や預金に関しても上限が設定されており、それ以上の金額を残すことはできません。
そのため、借金の返済義務はなくなりますが、限られたお金で生活の立て直しをしていく必要があります。

そして、弁護士や司法書士、税理士など一部の職業に関しては一時的に仕事を失うことになります。

実際に手続きを行う時には、デメリットまで確認しておくことが大切です。

ただ、任意整理や個人再生の場合は完済するまでの間、返済義務が残るのに対し、
自己破産の場合は免責が認められれば、その時点から返済について悩む必要がなくなります。

それだけに、頑張っても返済をすることができない、返済をしていくだけの安定した収入がない
といった場合は自己破産を選ぶことを考えておくと良いでしょう。

任意整理や債務整理を行い、借金の減額に成功した後に返済が困難になった場合、最終手段として自己破産を選ぶのが一般的です。

連帯保証人と債務整理

連帯保証人がいる状態で債務整理を行う場合は、迷惑がかからない方法を選ぶことが大切です。

例えば、自己破産を行う場合、免責が認められれば債権者本人の返済義務はなくなります。
しかし、連帯保証人の返済義務はなくならないため、業者からの一括請求が行われます。

一括請求を避けるためには、連帯保証人も一緒に自己破産の手続きを行うことが大切です。

個人再生でも同じような状態となるため、連帯保証人がいる場合はよく相談した上で慎重に手続きを行う必要があります。

借金を返せない状態になったら、するべきこと

借金問題というのは、一人で抱え込んでいてもなかなか解消しないものです。

それだけに借金が返せないという状態になったら、その時点で専門家へ相談するようにしましょう。
街角相談所-法律-などの無料相談サービスは増えてきており、悩んだらいつでも気軽に相談ができるようになっています。

借金問題に詳しい人の意見を聞くことで、問題解決の糸口を見つけることができますよ。